受付

慢性化させないことが重要

レーザー治療

色に強く反応するレーザー

日光には多くの紫外線が含まれていますし、室内の照明にもわずかですが紫外線が存在しています。そのため人は、日々紫外線を浴びながら生活していますし、肌はその影響を少なからず受けています。具体的には、紫外線によって肌が酸化し、それによって肌がメラニン色素を多く作り出しているのです。メラニン色素は、若いうちは肌のターンオーバーによってすぐに除去されます。しかし年をとるとターンオーバーのペースは遅くなり、それによってメラニン色素が肌に長く残るようになります。その結果メラニン色素が沈着し、シミとなるわけです。年をとるにつれて増えていくことになるので、シミは老化現象のひとつと言えます。そのためシミが多くあると老けて見えるようになることから、多くの人が美容整形外科で除去するための治療を受けています。美容整形外科では、主にレーザー照射によるシミ消し治療がおこなわれています。特によく使われているのが、色に強く反応するレーザーで、これを肌に照射すると、シミができている部分に強い熱が与えられます。そして、その熱によりメラニン色素はもちろん、それが沈着している肌細胞も焦げたような状態になります。すると体は、焦げた肌細胞を体にとって不要なもの、つまり老廃物として排除しようとします。これと一緒にメラニン色素も排除されるため、結果としてシミがなくなるわけです。薄く小さなシミの場合は、1回のレーザー照射できれいに消えますし、色の濃い大きなシミでも照射を繰り返すことで徐々に目立たなくしていくことができます。

肝斑やそばかすにも有効

また、美容整形外科では肝斑も消すことが可能となっています。肝斑とは、体の内部で作られたメラニン色素によってできるシミです。紫外線が原因となっているシミは、肌の比較的浅い部分にできるのですが、肝斑の場合は肌の深部にできます。したがって先述したレーザーを照射しても、熱が届きにくく、効果が出にくいです。そのため美容整形外科では、ターンオーバーを促す効果のあるレーザーを使ったシミ消し治療もおこなわれているのです。それによって新しい肌細胞が多く作られれば、現在存在している肌細胞は、古いものとして自然に排除されていきます。そしてやはりそれと同時に、沈着しているメラニン色素も除去されていくことになるのです。さらに美容整形外科の中には、薬による肝斑の治療もおこなっているところがあります。具体的には、体内でのメラニン色素の生成を防ぐトラネキサム酸で作られている薬が使われているのです。レーザー照射によって、沈着しているメラニン色素が除去されても、体内で新たなメラニン色素が生成されては、シミ消し治療はいたちごっことなります。しかし薬によってそれを抑えれば、新しいシミはできにくくなり、肌はどんどん白くなっていきます。また、このシミ消し治療はそばかすにも有効とされています。そばかすのある人は、遺伝的にメラニン色素が沈着しやすい体質をしていることが多いです。しかし沈着しやすくても、ターンオーバーを促したり生成を抑えたりしていれば、防いだり消したりすることが可能になるのです。