受付

顔を若々しく保つノウハウ

顔を触る人

紫外線と日常生活に注意

顔にシミができると、年齢よりも老けた印象を与えます。シミの治療法や予防法を知るためには、まず原因を知っておく必要があります。シミというのはメラニンが過剰に生成させるとできやすくなるのです。このメラニンの発生を防ぐことができれば、シミの予防になります。メラニンを発生させる原因となるのが、紫外線です。肌が紫外線を受けると、細胞を守るためにメラニン色素を作り出す物質が活性化するのです。通常は紫外線に当たらなくなるとメラニン色素は作られなくなるのですが、皮膚細胞のDNAに異変が起こるとメラニン色素が作られ続けてシミになるわけです。また紫外線の他には、活性酸素が体内で過剰に発生することによってもシミができやすくなるのです。活性酸素を発生させるのが紫外線なのです。ストレスや喫煙や飲酒などによっても活性酸素が活発化しますし、食品添加物や睡眠不足なども影響を与えます。紫外線を防止するのと同時に、日常生活を改善することが大事になります。また皮膚に炎症が発生すると、ダメージを回復しようとして新しい細胞を作る働きが活発になります。それによってメラニン色素が多く発生して色素沈着が起こります。皮膚に炎症を起こす原因としては、日焼け、摩擦、虫さされ、ニキビ、女性ホルモンの乱れなどです。シミの治療をする時には、自分のシミが以上の原因のどれに当たるかを調べる必要があります。サプリなどを服用する時にも、原因別に選ぶ必要があります。自分で判断せず、皮膚科などで診察を受けることが大事です。

レーザーで美肌にする方法

予防していても年齢と共にシミはできてきますが、レーザー照射によって治療が可能です。ただし色々な種類のシミがあるので、それによってレーザー治療も変わってくるのです。そのためには専門の医師による診察が必要で、経験豊富な医師を見つけることが大切になります。シミの中でも多いのが、老人性色素班と呼ばれる種類です。40歳代から顔や手や腕などの日光が当たる所に出やすいのです。ほとんどはこのタイプのシミですが、レーザー治療の効果が最も出やすいのです。顔の側面に出やすくて、数年後に隆起する場合もあります。また老人性いぼと呼ばれる脂漏性角化症という種類もあります。これは30代以降の男女の顔や身体に表れるもので、イボのように若干膨らんだシミになります。これは加齢や紫外線が原因で発症しやすく、老人性色素班と合併して出てくることがあります。その他にも色素沈着といって、皮膚に炎症が起こることによってダメージを受けるのです。例えばニキビ痕やアトピー性皮膚炎などによって起こります。治療が比較的困難なシミとしては肝斑と呼ばれるものがあります。特徴は顔に対照的に表れ、地図のような形状をしています。はっきりとした原因はわからないのですが、女性ホルモンが影響しているといわれています。また妊娠やピル、心理的な要因、肝機能障害などが原因ともいわれています。従来のレーザー治療では肝斑を濃くしてしまうことがあり、行われなかったのです。しかし今では肝斑も治療可能なレーザーが開発されており、今後は積極的に治療が行われていくはずです。