にっこり

メラニンを除去して美白

看護師

紫外線と女性ホルモン

シミを効果的に治療するためには、まず自分のシミの特徴を把握しておく必要があります。美容クリニックを受診する女性たちの多くは、おもに次のシミのどちらかで治療を受けに来ることが多いようです。まず第一のシミは老化や長年にわたって紫外線を浴びたことが原因でできたシミです。老化といっても必ずしも年配の女性ばかりでなく、スポーツや屋外での作業時などに十分な紫外線対策を取れないまま太陽の光を浴び続けると、若い女性であってもこのタイプのシミができることがあります。年配の女性の場合は、シミを病院で治療したいと望む人とあまり気にしない人とに分かれますが、やはり若い女性の場合はなんとかしてシミを治療したいと希望する人が多く見られます。若い女性の場合、もともと肌が持っているヒアルロン酸やコラーゲンなどの量が十分にあるため、治療を受ける期間が比較的短くて済む場合もあります。第二のシミは、30歳から40歳代くらいまでの女性に多い肝斑と呼ばれるシミです。最近ではこの肝斑対策用に市販の医薬品やサプリメントなどが出ていますが、それでも効果が見られないような場合には美容クリニックでの治療がおすすめです。肝斑は女性ホルモンとの関わりを指摘されているシミなので、女性ホルモンが減少する更年期以降の女性にはあまり見られません。また30歳頃には肝斑で悩んでいた女性の場合でも、やはり更年期を迎える頃には女性ホルモンの分泌量が低下するため、肝斑が次第に薄くなっていくという人が多くなっています。

それぞれに適したレーザー

美容クリニックではシミの治療法として、さまざまな施術を用意しています。一般によく用いられるのがレーザーによる治療です。といっても老化や紫外線によってできたシミと肝斑とでは、使われるレーザー機器の種類が異なります。以前は、肝斑にレーザーを使うのは逆効果だとされていた時代もありました。しかしレーザー治療機器は年々進歩し続けているため、レーザーの出力を調整したり、照射の仕方をいろいろ工夫したりして、肝斑に適したレーザー治療法が開発されています。レーザートーニングというのがその方法です。トーニングとは調整するという意味で、肌に刺激を与えるとかえって肝斑を形成している色素を増やしてしまうため、ごく弱い出力のレーザーを加減して肌に当てるというやり方です。一方、紫外線などによるシミの場合には、Qスイッチレーザーなどの機器が使われます。Qスイッチレーザーは角層や表皮など肌の表面にはダメージを与えず、より深いところにある真皮層に働きかけて治療するというレーザーです。メラニン色素は通常ターンオーバーにより皮膚の外へと排出されるものですが、シミになってしまった肌では真皮層へとメラニン色素が降りていき、そこで定着してしまっています。このメラニン色素を取り除くためにQスイッチレーザーを用いるのです。ただQスイッチレーザーは、ほくろのような盛り上がりのある色素沈着部位には向いていません。薄くて平らなものを除いて、ほくろには炭酸ガスレーザーで色素ごとほくろの部分の組織を飛ばすという治療法が適しています。このように、同じ色素沈着であっても状況により種類の違うレーザーを使い分けることによって、より効果的な治療を行うことができます。

顔を若々しく保つノウハウ

顔を触る人

シミは年齢よりも老けた印象を与えるので、できれば若い頃から予防対策をする必要があります。特に注意が必要なのは紫外線で、外出する時には要注意です。皮膚科や整形外科ではレーザー治療によってシミを消すことができます。色々な種類のシミがありますが、かつては治療が難しかった肝斑も今では治療できます。

Read More...

美容皮膚科で皮膚の美白

レディー

美容皮膚科クリニックではレーザー治療器によるシミ治療ができます。出来てしまったシミを、市販の美白化粧品で消すのは大変です。しかし、美容皮膚科のレーザー治療なら、一回の照射で綺麗にシミを消すことができます。

Read More...